Loop セミネール #01 アートとホスピタリティ
作品、人、制度を感じて、考える、ことから




 今、芸術祭やアーティストによるワークショップ、さらには参加型アートが大きな拡がりをみせるなか、アートの 力はどのように人の心に届き、世界を変える可能性があるのでしょうか。病院におけるアート作品の展示やワークショップの実践は、アートの力を最も身近に、そしてリアルに感じられる 機会の一つであるともいえます。病院のなかで、アーティスト、医療者、そして患者・家族らがアート作品をシェア するときに起こる効果は、よかれあしかれ、どのようなかたちであれ、人や制度に微かな感情や変容を呼び起こすこ とでしょう。そのとき、アートの力は誰に、どのように働きかけ、その結果としてコミュニティはどのように変わっ ていくのでしょうか。あるいは、アートはどのような条件下において、薬になり、あるいは毒になるのでしょうか。「ホスピタリティ(歓待)」や「生成変化(なること)」、「思弁的実在論」といった近年の思想的なテーマを視野に入れつつ、Loop のプロジェクトのなかで医療・福祉の現場にアート作品を展示してきた参加者とともに、「アートの ホスピタリティ」と「ホスピタリティのアート」の現在をめぐって語り合います。
(F.アツミ )

LOOP Art Hospitality とは
 

医療・福祉の現場にアート作品を展示することで、 来院者の方々にやすらぎを感じていただくと同時に、病院・ 施設内において思いやりのある繊細なコミュニケーションが生まれる雰囲気をつくることを目的としています。  アーティスト・病院・ギャラリー・コラボレーターの輪によって、事前にニーズや課題をヒアリングしたうえで、 それぞれの現状に相応しいコンテンポラリー・アートの作品をお届けすることでアートがもつ癒し(ケア)を生かし た Hospitality をお届けいたします。


F.アツミ (Art-Phil)

クリエイション・ユニット「 Art-Phil」。“アート発のカルチャー誌” としてブックレット「Repli(ルプリ)」の発行を中心に活動。アート、哲学、社会の視点から、多様なコミュニケーション一般のあり方を探求しています。 ――アートと哲学をあなたに!



【概要】
▪日 時 2018年 11月3日(土)  14:30-16:30 (開場 14:00)
▪️会場 工房親  150-0013 東京都渋谷区恵比寿 2-21-3
▪️来場無料 予約不要



2016 © Gallery Kobo CHIKA All rights reserved